気になる異性の前で鼻血が止まらなかった話。

私がまだ21歳で、新卒で会社に勤務したての頃です。
覚えなければいけない仕事が多く、夜間勤務が週に一度あったため、肉体的にも精神的にもかなり疲れていました。

そんな環境の中の、学校卒業後、一人の気になる異性と連絡をとれました。
彼は、学生時代かなり仲の良い友達でしたが、私は少しだけ彼に気があったのです。
その彼と、仕事帰りに久しぶりに会って飲みに行けることになりました。
精神的には癒やし要素でありましたが、肉体が限界だったみたいです。
約束する二週間位前から、お風呂で顔を洗うと、必ず鼻血が出るようになっていました。
鼻のあたりを強く擦りすぎたかなぁと思い、ソフトタッチに洗いましたが、やはり少し鼻血がでてしまいました。
それだけでなく、朝の洗顔や、会社で鼻をかんだだけで軽く鼻血がでる毎日でした。
昔から良く、疲れると鼻血が出るので、仕事で疲れてるんだなと軽く考えていました。

彼と会う日、朝の洗顔でお決まりの鼻血がでましたが、いつも通りだなと気にせず出社しました。
定時で仕事を頑張って終わらせて、約束の時間にぎりぎり走って間に合いました。
駅で待っていてくれた彼と、駅近の適当な居酒屋で飲み事にしました。
お酒が進むと血行が良くなり、体もポカポカしてきました。
楽しく会話しながら飲んでいると、鼻水がひっきりなしに出てきます。
すすってもしつこく出るので、鼻を軽く拭くと、このタイミングで鼻血が出てしまいました。
いつもなら動揺しないのですが、気になる彼の前で、且つお酒が入っている状況で、いつもより沢山鼻血が出てしまいました。
彼の前で鼻血なんていう醜態をさらして、更に焦って鼻血が出ていた気がします。
鼻血用に沢山ポケットティッシュを持っていたので、とりあえずおさえておきました。
彼にドン引きされるかなと思いました。
しかし彼は優しく、自分のティッシュを出してくれたり、店員さんから氷をもらったりしてくれました。
神かと思いました。
彼の優しさが嬉しい反面、めちゃくちゃ恥ずかしかったです。

恐らく十分位はそうやって鼻血の対処に明け暮れました。
落ち着いてから、疲れると鼻血が出るんだと説明すると、疲れてるなら無理するなと心配されながら軽くお説教されてしまいました。
疲れてるとわかっているのなら、予定を無理矢理入れなきゃ良かったなと少し後悔しました。
以来、少しでも肉体的疲労がたまったと感じたら、鼻血が出る前に気晴らしをしようと心がけました。

もし、色んな理由で少しでも疲れてるなら、予定を入れず休むべきです。
例えどんなに会いたい人からの誘いも、延期すればきっと大丈夫です。
私のように、疲れてると肝心な時にボロ(鼻血)がでて恥をかきます。